トップページ | (2)診断から手術まで »

(1)前立腺癌の診断まで

筆者プロフィール:1946年生、男。前立腺癌診断時(2010年3月)63歳。夫婦とも血縁者にがん患者なし。

診断までの経緯:【カッコ内は前立腺癌治療に影響があった心疾患の経緯】

【1999年12月:ジョギング中に重い頻脈発作】

【2000年1-3月:アルコール、激しい運動、重い物の運搬、冷気、タバコの煙、睡眠不足などが引き金となり、一時的失神も含めて軽くない発作を繰り返すも、心電図検査時には発作が出なかったためなかなか診断が確定せず、ようやくホルター装着時の飲酒により発作を誘発させて「発作性心房細動」と診断確定。(発作時に副交感神経の著しい昂進が認められたが、発作との因果関係は不明。)以後現在まで薬剤内服(ピメノール、ワソラン)と定期的心電図検査で経過管理中。】

2003年11月PSA=3.1(地元個人病院の人間ドック)

2004年11月PSA=4.6(同人間ドック) 頻尿の症状もあったため、翌2005年1-3月にX大学病院を受診。生検の結果癌細胞検出せず、軽度の前立腺肥大だが特に治療は不要との診断であった。

2005年11月PSA=5.0(同人間ドック)

2006年11月PSA= 7.6(同人間ドック)、直ちに同個人病院の泌尿器科を受診。「さらに詳しい血液検査」を勧められ、結果はシロ判定。軽度の前立腺肥大との診断で、以後半年ごとに通院の上超音波検査にて経過観察。 「さらに詳しい血液検査」とは何なのか、超音波検査で癌の診断が可能なのか、など疑問を感じ、X大学病院再受診も考えたが、2年前にシロ判定が出たばかりだったこともあって逡巡し、結局様子を見てしまった。受診していればこの時点で癌治療が開始できた可能性が高いと思う。

2007年11月PSA= 5.2(同人間ドック) 同個人病院泌尿器科より「癌であればPSA値下落はあり得ない」との説明に一安心。

2008年11月PSA=6.5(同人間ドック) PSAが再上昇したこの時点でX大学病院を再受診すべきだったが、前年の個人病院のコメントもあり、様子を見てしまった。

2009年3月下旬:家内が癌と診断、X大学病院にて全摘手術。以後現在まで定期的に通院の上再発・転移をモニター中)

2009年5月:頻尿・排尿状態悪化。これまで受診していた地元個人病院を回避し、X大学の系列病院(地元、担当医はX大学病院より出向)を受診。前立腺肥大治療開始(ハルナール内服)

2009年8月PSA=7.6(同・系列病院) 生検を勧められたが、こちらからあと半年様子見をお願いした。

2010年2月PSA=8.6 (同・系列病院) 生検を強く勧められ、MRI検査の結果前立腺癌の疑いありとの事で生検受診決定。

2010年3月:同・系列病院で生検(二泊三日の検査入院、部分麻酔)の結果、前立腺癌との診断が確定。グリーソン・スコア 3+3=6。X大学泌尿器科編纂の「前立腺癌診療Q&A」というブックレットを紹介され、早速アマゾンで注文。この本は非常に役に立った。

トップページ | (2)診断から手術まで »