2009年6月11日 (木)

1Q84の続編はどんな展開になるのだろう

 ハリー・ポッターでは巻が進むにつれて以前の伏線が解き明かされ、意外な展開に結びついて行くが、1Q84には幾つもの謎や伏線が未解決のまま残されているため、続編を期待する読者が多いようだ。もしも1Q84の続編が書かれるとすると、それはどのような物語になるのだろう。村上春樹が残してくれたヒントを手がかりに想像してみた。

(1)羊の役割

羊は村上文学では特別な意味を持つ存在であり、単にリトル・ピープルの通路になったというだけではいかにも扱いが軽すぎる。目の見えない羊がいること。少女がその世話をしていること。そして羊の死。この三つの条件が揃った時、三桁の数字を暗証番号に合わせるとカチッと開くトランクの鍵のように、リトル・ピープルの通路が開ける。だがなぜこの三つの条件が必要なのか?後編では通路が羊でなければならない必然性が明らかになる。

(2)カラス・ゴムの木・金魚

ストーリーの節目で何度も登場するカラスは、1Q84では何の意味づけも行なわれないが、続編ではカラスが登場していた意味が明かされ、思わせぶりな伏線のまま終わったゴムの木と金魚も再登場して、青豆の「復活」に大きな役割を果す。

(3)NHK集金人の傷害事件

後編では加害者がNHKの集金人であった事が単なる偶然ではなかった事が明かされ、また被害者の大学生も重要なキャラクターとして登場する。

(4)天吾の実母の運命

天吾があえて知ろうとしなかった実母の運命が、実は現在の天吾に深く関わっていたこと、青豆と天吾が実は生まれた時から共通の運命を背負っていたことが明らかにされる。

(5)ふかえりのドウタ

ドウタはまだ教団にいるのか?物語に出てくる生理のないふかえりこそドウタではないのか?誰もが抱いた疑問に後編で答えが与えられる。

(6)1Q84とハリー・ポッター

この二つの物語には似通ったところがある。一つはリトル・ピープルとふかえりが、ハリー・ポッターとヴォルデモートのように多くを共有しながらも、またそれが故に「正」と「反」の関係にある事だ。だが1Q84ではハリー・ポッターと異なり、そうなのだという事実が示されているだけで、なぜそうなったのかの説明がないままに終わっている。後編ではその理由・背景が解き明かされ、その中でリトル・ピープルとは何者なのかが明らかになる。

もう一つの共通点は、どちらも物語が主人公の意識の中で展開している事だ。1Q84では、他言した事のない自分だけの世界や、思っているだけで口には出していない事が相手に伝わっている。それは相手との会話が自分の意識の中で行なわれているからだろう。月が二つ見える1Q84の世界も、きっと自分の意識の中だけにあるバーチュアリティにすぎず、タクシー・ドライバーが言ったように「現実はあくまでも一つ」なのだ。ハリー・ポッターでは、ハリーは亡き両親と再会して出生の秘密を知る不思議な体験をする。「両親との再会は現実の出来事だったのか、それとも自分の意識の中だけで起きたことなのか」と問いかけるハリーに対する答えは「もちろん自分の意識の中で起きた事だ。だが、だからといってそれが真実でないという事にはならない」であった。(原文しか読んでいないので、この部分がどう訳されているかは分からないが。)だとすると、現実の青豆はきっとまだ首都高の渋滞の中にいる筈だ。

こうしていろいろと想像を巡らすにつれてますます後編が読みたくなる。だが、村上春樹は常に物語の結末を読者の想像力に任せるから、1Q84の続編を書いてくれることはないだろう。続編を読みたい読者は、村上が残してくれたヒントを手がかりとして自分のバージョンの続編を書かなければならないのである。

(追記:その後2009年9月、村上春樹はBook3を執筆中であることを明らかにした。)

(前ログ「私の1Q84:村上春樹とシェーンベルク」もご参照ください。)

http://professor-snape.txt-nifty.com/investors_eye/2009/06/post-5c2f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ハリーポッターはなぜ7巻で完結したのか(番外編です)

 ハリーポッター7巻にはこれまで以上のダイナミックなスリルとロマンがあり、結末も感動的だった。幸いなことに、発売前に海外で流されていたネタバレ情報はほとんどデタラメだった。2年前の7月、6巻を読んで7巻の展開を予想するブログを書いた時には、2年後に連日「炎上」並のアクセスを頂くことになろうとは思っても見なかったので、ブログを読んで下さった方々や、コメントをブログに、また直接メールで寄せていただいた数多くの方々への感謝に代えて、ハリーポッター全7巻への思いを短くまとめてみた。

第7巻の内容について具体的に触れることは避けるが、全7巻を読んで強く感じたのは作者の考証へのこだわりだ。Hogwartsはイギリスの典型的な全寮制パブリック・スクールだし、主人公たちのQuidditchへの熱中ぶりはサッカー・フリークそのものだ。さらに、イギリス人の大好きな怪しい世界・・・ケルト的アニミズムや、動物やトランプが人間の言葉を話す不思議の国のアリスのファンタジーなど・・・が、物語全体に散りばめられている。

だが作者の考証はこうしたイギリス的な世界だけに止まってはいない。日本のKappa(河童)が登場した巻があったし、Deathly Hallows は日本書紀・古事記に出てくる三種の神器からインスピレーションを得ているのではないかと感じる。しかも、八咫鏡(ヤタノカガミ)はともかくとして、草薙の剣(クサナギノツルギ)と八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)のイメージはDeathly Hallowsとかなり共通している。さらに、七つに分れた霊の一つひとつを追いかけてゆくストーリーの展開は、ハリーポッター全7巻を上回る大部のスペクタクルである南総里見八犬伝からヒントを得ているのではないかと思われる。だが分霊は「7」、南総里見八犬伝は「8」。この一つ違いの数字は何を物語っているのだろう。

東洋人は「7」よりも「8」という数字に落ち着き感じるようだ。八を含む四字熟語は枚挙にいとまがないし、人間の煩悩は八十八ヶ所の霊場を巡ったり(四国のお遍路)、108回鐘をついたり(除夜の鐘)することによって消えると言われている。オリンピックを1年後に控える中国は、今年8月8日の8時を期して大々的なプレ・オリンピックの祭典を催した。上述の三種の神器のうち二つに「八」が含まれていることにも注目したい。東洋人が8を好ましい数字と感じるのは、単に中国語の発音が「発財」(お金が儲かる)に通じるとか、八の形状が末広がりに通じるからではなく、8という数字が当たり前の生活習慣や生活規範、基本的な思考や発想の一部として、日々の暮らしの中に無意識のうちにしみ込んでいるからなのである。その代表例は風水だ。風水は我々の日常的な習慣や物事の感じ方に深く関わっている。

理気風水では方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶に基づいて住居や墓、住居内の部屋や家具の配置などを決めるが、その基になる方位の基準は八つの要素によって構成されている(Wikipedia)。方位とは、平面上では東・西・南・北の4方向を基準として周角を8等分した物であり、また立体上では東・西・南・北に「天」、「地」および観測点である「中央」、さらにこれに「時間」を加えた八つの要素から成る。東洋人の宇宙は「8」で構成されているから、「8」という数字に区切りのよさ、落ち着きを感じるのは何の不思議もない事なのだ。

西洋ではどうか。西洋人の日々の暮らしの中に当たり前のようにしみ込んでいるのはキリスト教(西方系であれ東方系であれ、プロテスタントであれ)であり、「7」はそこに関連している。旧約聖書正典の一つである創世記には

1日目:原始の海の表面に混沌した暗闇がある中、神は光を作り、昼と夜が出来た。

2日目:神は空=天を作った。

3日目:神は大地を作り、海が生まれ、植物が出来た。

4日目:神は太陽と月と星を作った。

5日目:神は魚と鳥を作った。

6日目:神は獣と家畜と、神に似せた人を作った。

7日目:神は休んだ。

とあり、これが七曜制の起源となっているのだ。キリスト教徒の世界は「7」を基本として構成されているから、「7」という数字に区切りのよさ、落ち着きを感じるのは何の不思議もない。そしてハリーポッターが7巻で完結した理由も、正にここにある。

 ハリーポッター8巻が書かれることはない筈だが、もし書かれるとすると、それはもちろんハリーの子供たちの世代の物語だ。誰かがホグワーツの森でたまたま小さな石を拾うところから8巻が始まる。ストーリーの展開の鍵を握るのはスコーピアス・マルフォイ(それにしても何と言う名前だろう!)だ。スコーピアスの父はハリーに複雑な思いを抱くドラコ、そして母は何と、準主役級の活躍をしながら評価が低く、好きだったハリーに父親を侮辱されたルナだったのだ。そしてリドルの分霊が実はまだどこかに宿っていて復活の機を窺っている。その復活の条件とは?・・・世界中のハリーポッターの愛読者一人ひとりがそれぞれの第8巻を書き連ねてゆく、というのも悪くないかもしれない。これで本当に終わりでは、やはり寂しいから。。。

リファレンス:旧約聖書(創世記)、古事記、南総里見八犬伝、日本書紀、Wikipedia

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

ハリー・ポッター7の展開予想(番外編です)

【ハリポタ6を未読了の方は読めないようにスペルがかかっています。もし読めてしまったら、あなたはhalf-bloodかも・・・・・・】

ハリー・ポッター第6巻には多くの不可解な謎がある。第7巻ではどんなドンデン返しが用意されているのだろうか・・・・・昨日のブログで指摘した疑問点から第7巻の展開を次のように推測してみた。

ロケットにはやはりダーク・ロードの分魂が仕込まれていたのだ。そしてその分魂は、それを覆っていた液体を飲み干した者に移転し、液体を飲んだ者がダーク・ロードの分身になる仕組みになっていた。ダンブルドアはそれを知っていて、自らがダーク・ロードの分身となって殺されることにより、自分の命と引き換えにダーク・ロードの分魂を消滅させることを計画し、成功したのではないか。スネイプはもちろんこのシナリオを事前にダンブルドアから聞かされていて、ダーク・ロードの分身と化したダンブルドアを殺せる魔力を持つのはスネイプしかいないため、最後はダンブルドアを殺すことを承諾していた。こう考えるとなぜダンブルドアがスネイプを最後まで信頼し、瀕死でホグワーツに戻るやいなや直ちにスネイプを呼びにやらせたのか、説明がつく。ダンブルドアの最後の言葉は

"Severus...please"

であった。これは命乞いではなく「さあ、頼んだ通り私を殺してくれ」という意味ではないか。そうすればスネイプがハリーの命を二回も救った上に、ハリーから臆病者呼ばわりされて烈火のごとく怒ったのも辻褄が合う(昨日のブログ参照)。一方ダーク・ロードはスネイプを忠実なスパイと思いこんで指示を出しているから、スネイプはドラコがダンブルドア殺害の密命を帯びていることを当然知っており、またダーク・ロードの分身となるダンブルドアを自分が殺さなければならないことも既に分かっていたからこそ、ドラコをサポートするという不破の誓いを立てたのだ。ロケットの中に残されていたメモがまだうまく説明できないが、内容から見ておそらくダンブルドア自身が書いて入れたのではないか。

ここまで書いてきて気がついたが、いま目の前にある材料をもとに第7巻の展開を予想するのは、このブログの本来の趣旨である中長期的ポートフォリオ・マネジメントとそっくりだ。仕込んだポートがどんなパフォーマンスを見せるか、ますます第7巻が楽しみになってきた。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

ハリー・ポッター第6巻の疑問点(番外編です)

【ハリポタ6を未読了の方は読めないようにスペルがかけてあります。もし読めてしまったら、あなたはhalf-bloodかも・・・・・・】

(1)序盤でのドラコ・マルフォイとスネイプのダークな振舞いがあまりにもストレートに結末に結びついていて、何の謎もない。こんなシンプルなストーリー構成は過去5巻にはなく、不気味。何かありそうだ。

(2)第6巻のタイトルであるThe Half-

Blood Prince の正体の謎解きがあまりに単純で、ストーリーの展開と絡み合っていない。これも過去5巻にはないパターンで、謎解きがまだ完結していない感じが残る。

(3)ダンブルドアがスネイプを信頼していた理由の説明が単純すぎる。これでは彼は単なるお人良しで、とても百戦練磨のウィザードとは思えず、何か裏がありそう。

(4)ダーク・ロードの究極の目的がハリーを殺すことだとすると、なぜ回り道ばかりしているのか。スネイプには6年間いくらでもチャンスがあった筈だ。

(5)ハリーは戦いの最中に「ポッターはダーク・ロードの配下だ。手を出すな」というスネイプの声に命拾いをする。また、ハリーがスネイプと対決した時の会話は

「彼を殺したように、さあ、僕を殺せ、臆病者」

「私を、臆病者と呼ぶな!」

であり、スネイプは飛び去る。ハリーは二回スネイプに命を助けられているのだ。

等々、今回ほど多くの疑問点を残した巻はない。第7巻にはとんでもないドンデン返しが用意されているのではないか?このままでは私のブログネームやメアドを変えなければならなくなるので、そうならないように期待をこめて第7巻を待つことにします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)