« 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) | トップページ

2020年12月31日 (木)

1953年頃の富士見ヶ丘

2019年暮、富士見ヶ丘駅前通りの蕎麦屋「まるか」が閉店した。子どもの頃から馴染んだ店がまた一つ、時代の波に呑み込まれた。その跡地にはインド料理店ができた。

1953年頃、現在の久我山5丁目は久我山1丁目だった。その1番地は麦畑に囲まれたサツマ芋畑。芋畑を潰して更地になった土地に、四人家族が家を建てて引っ越して来た。父・母・妹と私だ。春には麦畑で雲雀が啼き、養鶏場の匂いがした。夏には向いの雑木林に珍しい蝶や美しいオオミズアオという大きな美しい蛾、クワガタなどの甲虫類、そのほか沢山の虫が生息していた。近所の原っぱには背の高い雑草が生い茂り、子供たち同士で隠れ家を作って遊んだ。

未舗装の泥んこ道だった駅前通りの、水道道路(現:井の頭通り)に近い所に宮前堂という文具屋があり、そこの看板娘を母が密かに宮前小町と呼んでいた。私は習字の授業で使う半紙をここで買っていた。その向かい側の佐々木医院は代替わりして今もある。もう少し駅の方に歩くと、新田縁通りとの左角にカラタチの生垣があり、ナミアゲハやクロアゲハの幼虫が育っていた。その先、森田酒店の隣に老夫婦が営む木村やというパン屋があり、日曜日の朝にはメロンパンやグローブの形のクリームパンをよく買いに行った。その後そこは朝日屋という蕎麦屋に変わったが、それも今はもうない。

 駅前通りと人見街道の交差点には木下青果店。おじさんが沢山の野菜をオート三輪に乗せて近所を回っていた。おじさんは年を取り、今は同じ場所のファミリーマートのオーナーだが、野菜を少しだけ揃えているのが八百屋だった証だ。そのまま駅に向かうと、右側にサトウ・アート・キンダー・ホームという幼稚園があった。妹が通い、「園長ゴジラ」や「マキコ先生」に可愛がってもらっていた。幼稚園はもうないが、同じ場所に今でも佐藤という表札が出ている家がある。

 幼稚園の向かい側には私も通った朝倉先生のピアノ教室があり、その先は雑木林で、夏にはカナムグラが茂り、キタテハがよく来ていた。小学校の授業で貰った教材のプリント類を学校帰りにここにこっそり捨てていた。その跡地に国民銀行ができ、その後名前が八千代銀行に変わったが、今は空き店舗だ。

さらにその先に風呂屋、マイマート(現西友)。モスバーガーや果物屋もあった。その向かい側を駅方向に向かうと一心同堂薬局、そして林屋酒店。そこの恰幅の良い主人が区議選に立候補したが、あえなく落選した。その後は一時本屋になったりウェルシアになったりしたが、今は日本生命のオフィスだ。その先に私が密かにタヌキと呼んでいたおばさんのやっていた高村文具店、コウモリ傘みたいなおじさんが傘も売っていた下駄屋。今はデリカに変わった小田島精肉店もあった。

さらに駅に向かって左側には喫茶店の菊屋、大衆食堂、荒川金物店、デパ地下にも出店していたケーキのミノン。マクドナルドの小さな店舗もこのエリアだった。

通りの向かい側に戻ると青果店があり、そこの若奥さんが綺麗な人で、母は美人八百屋と呼んでいた。更に駅に近く、若夫婦が始めた中華の楽陽軒は安くて美味しかったが、50年ぐらい営業して閉めた。その先に閉店したばかりの「まるか」、商店街の夏祭りのサンバの行列に火炎瓶を投げ込んだ洋酒屋、閉店した和菓子屋のみよし、今もある内藤電機店と浅川理髪店。踏切横には青柳という和菓子屋があったが、その後レインボウズ・エンドというケーキ屋に変わり、そこも今はランドリーだ。その向かい側は理髪店(その後移転)、三井銀行(その後三井住友銀行永福町支店に併合)、小さいショッピングアーケードの中には富士見ヶ丘最後の魚屋もあった。そのビルは、今はドトールとセレモニー・ホールになっている。

1953年頃ここにやって来た4人家族は一人ずつ居なくなって行き、今は私1人だけが残っている。だが新しい家族が沢山増えて、とても賑やかに暮らしている。

 

|

« 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) | トップページ