« 1998年暮れの磐田駅北口 | トップページ | 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) »

2012年10月 2日 (火)

1987年ごろの甲東園駅周辺

【コーヒー・ブレーク】 

駅の北口を出たところは狭いバス・ターミナル。そこに小さい本屋があったのを覚えている。北に向かう駅前通りの左側には家族でよく行った亀鮨。手ごろな値段で新鮮なネタを出してくれた。

駅前の裏通り角にはお好み焼きのタケダ。ネギ焼きが美味しかった。甲東園を離れてから15年以上経ったある日、出張のついでに甲東園に立ち寄った。震災があったが、タケダは昔のまま同じ場所にあった。ネギ焼きを注文したら「ご主人、スジでよろしい?」と聞かれ、意味が分からず曖昧に「ああ」と答えたが、一口食べて牛スジの事だとわかった。その通りを北へ向かうと喫茶店や中華料理店があったが、5年間住んだ間に一回か二回入っただけだったと思う。坂を上ったところにある関学の前のアパートに住み、休日にはよく家族でキャンパスを散策し、大学のレストランや三田屋で食事をした。大学の生協ではアイスクリームを舐めたり、関学のロゴの入ったジャケットやシャツ、小物類を買ったりしたほか、散髪・ランドリーまで利用していた。関学前のトップというベーカリー兼喫茶店も美味しかった。

駅前から阪急今津線の線路沿いに門戸厄神方面へ行くと、心斎橋珈琲店という古い喫茶店があった。採光が良く明るい店内にコーヒーの香りが立ち込め、居心地のよい店だったが、その後ファースト・フード店に変わり、それも今はないようだ。線路を隔てた南側には、急性胃炎で入院した熊野病院があった。

駅の南側にはニューコートという小さなビルがあり、しゃれた陶器を売る店や薬局などがあった。その奥には息子が通った小さい模型屋があったのだが、残念ながらこの一帯は震災の被害にあったようで、すっかり消えてしまった。 家族みんながそれぞれにとても忙しかったが、楽しい5年間であった。

|

« 1998年暮れの磐田駅北口 | トップページ | 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) »

コメント

突然の書込みで失礼致します。お書きになったニューコートの確か2階?か3階にレストランがあったと記憶しています。そのニューコートから東に向かった細い通りには鳥の餌等を売っている小さな商店があったような?覚えておられますか?

投稿: はじめまして。 | 2016年11月28日 (月) 00時12分

コメントありがとうございます。嬉しいサプライズでした。
レストランですか、残念ながら私も妻もニューコートに2階があった記憶はありませんでした。1階に瀬戸物屋や文房具屋、薬局などがあったのはよく覚えているのですが・・甲東園から引っ越したのが1989年でしたから、その後2階が増築されたのかもしれません。いずれにしても震災で倒壊してしまったのは寂しいですね。ニューコートの東側はあまり行かなかったと思うので、小鳥の餌のお店もちょっと。。すみません・・・

投稿: Snape | 2016年11月28日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/55796745

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年ごろの甲東園駅周辺:

« 1998年暮れの磐田駅北口 | トップページ | 【コーヒー・ブレーク】 1980年頃のニュージャージー州フォート・リー(再掲) »