« 2011年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2011年8月11日 (木)

菅直人の謎と55年体制

いよいよ菅首相退陣の日程が決まったようだ。菅については二つの謎がある。一つは、世論調査によると大多数が「脱原発」には賛成しているのに、それを提唱・推進しようとする菅への支持率が極端に低いのはなぜなのか。もう一つは自民党が、菅直人が総理である限り議案審議に協力しないが、菅総理が交代すれば協力の用意がある、と言うのはなぜなのか。その謎を解くキーワードは「55年体制」だ。

胎児が母の胎内でヒトの進化過程を再現するように、現在の民主党内には55年体制という遺伝子の残滓が息づいている。地域利権構造に連なる旧自由民主党の血を引く小沢一郎と、「北」利権構造に連なる旧日本社会党の流れを汲む菅直人だ。党内のパワー・バランスも、前者の2に対して後者が1という当時の議席比率に近い。55年体制における対立軸が今の民主党の中に生き残っており、これが次のように菅直人の二つの謎に関係している。

55年体制における旧自由民主党は、市場原理・自由競争原理に基づく経済の成長・発展を目指して来た。怠けていたキリギリスよりも頑張ったアリを厚遇する考え方だ。これに対して旧日本社会党は、競争を制約して社会的弱者の人権・福祉を擁護して来た。困っているキリギリスにはアリの蓄えを取上げて食い扶持を与える考え方である。両者の対立軸はアメリカにおけるリパブリカン(前者)とデモクラット(後者)によく似ている。そしてかつて学生運動の闘士であり、市民運動家として政治キャリアをスタートさせた菅直人の出自が、立ち位置が後者の中でも極左なのではないかという疑念を惹起しているのだ。菅はアリの汗の結晶を取上げてキリギリスに与え続けるのではないか。雇用主体である企業に対するさまざまな負担要求がとめどなく続き、国全体としての雇用水準を縮小させてしまうのではないか。こうした潜在的な懸念が世論調査や自民党の菅拒否に顕現していると考えられる。もはや地域利権も「北」利権も、かつてのような形で現存してはいない。だがその遺伝子の残滓が生きている限り菅=小沢戦争は終わらない。民主党は一つの整合的政策体系の下で一つにまとまる事が出来ない政党なのだ。

同じ理由から今の自民党も民主党に取って代わる政治力を発揮できていない。自民党もまた党内に55年体制の二つの遺伝子を並存させているのだ。そしてこれがわが国の議院内閣制が機能せず、財政も破綻してしまった最大の理由である。両党ともに政策よりも政権の座を優先してポピュリズム=ばら撒き競争を展開し、有権者がそれに踊らされて来た結果なのだ。政治を国民の手に取り戻すには、アリ党とキリギリス党がそれぞれの綱領において旗色(=めざす社会の姿)を具体的に明確化し、それと整合的な政策体系を構築して、総選挙を通じて国民の信を問う事だ。そうすれば議院内閣制がきちんと機能するようになる。そしてこうしたコンテクストにおける政界再編の成否が、日本経済がこのまま衰退してしまうのか、それともまた蘇る事が出来るのかを決める鍵になるのだろうと考える次第である。

【参考文献】

高村薫 「神の火」、「晴子情歌」、「新リア王」

|

« 2011年5月 | トップページ | 2012年10月 »