« 私の1Q84:村上春樹とシェーンベルク | トップページ | 日蓮とムハンマド »

2009年6月11日 (木)

1Q84の続編はどんな展開になるのだろう

 ハリー・ポッターでは巻が進むにつれて以前の伏線が解き明かされ、意外な展開に結びついて行くが、1Q84には幾つもの謎や伏線が未解決のまま残されているため、続編を期待する読者が多いようだ。もしも1Q84の続編が書かれるとすると、それはどのような物語になるのだろう。村上春樹が残してくれたヒントを手がかりに想像してみた。

(1)羊の役割

羊は村上文学では特別な意味を持つ存在であり、単にリトル・ピープルの通路になったというだけではいかにも扱いが軽すぎる。目の見えない羊がいること。少女がその世話をしていること。そして羊の死。この三つの条件が揃った時、三桁の数字を暗証番号に合わせるとカチッと開くトランクの鍵のように、リトル・ピープルの通路が開ける。だがなぜこの三つの条件が必要なのか?後編では通路が羊でなければならない必然性が明らかになる。

(2)カラス・ゴムの木・金魚

ストーリーの節目で何度も登場するカラスは、1Q84では何の意味づけも行なわれないが、続編ではカラスが登場していた意味が明かされ、思わせぶりな伏線のまま終わったゴムの木と金魚も再登場して、青豆の「復活」に大きな役割を果す。

(3)NHK集金人の傷害事件

後編では加害者がNHKの集金人であった事が単なる偶然ではなかった事が明かされ、また被害者の大学生も重要なキャラクターとして登場する。

(4)天吾の実母の運命

天吾があえて知ろうとしなかった実母の運命が、実は現在の天吾に深く関わっていたこと、青豆と天吾が実は生まれた時から共通の運命を背負っていたことが明らかにされる。

(5)ふかえりのドウタ

ドウタはまだ教団にいるのか?物語に出てくる生理のないふかえりこそドウタではないのか?誰もが抱いた疑問に後編で答えが与えられる。

(6)1Q84とハリー・ポッター

この二つの物語には似通ったところがある。一つはリトル・ピープルとふかえりが、ハリー・ポッターとヴォルデモートのように多くを共有しながらも、またそれが故に「正」と「反」の関係にある事だ。だが1Q84ではハリー・ポッターと異なり、そうなのだという事実が示されているだけで、なぜそうなったのかの説明がないままに終わっている。後編ではその理由・背景が解き明かされ、その中でリトル・ピープルとは何者なのかが明らかになる。

もう一つの共通点は、どちらも物語が主人公の意識の中で展開している事だ。1Q84では、他言した事のない自分だけの世界や、思っているだけで口には出していない事が相手に伝わっている。それは相手との会話が自分の意識の中で行なわれているからだろう。月が二つ見える1Q84の世界も、きっと自分の意識の中だけにあるバーチュアリティにすぎず、タクシー・ドライバーが言ったように「現実はあくまでも一つ」なのだ。ハリー・ポッターでは、ハリーは亡き両親と再会して出生の秘密を知る不思議な体験をする。「両親との再会は現実の出来事だったのか、それとも自分の意識の中だけで起きたことなのか」と問いかけるハリーに対する答えは「もちろん自分の意識の中で起きた事だ。だが、だからといってそれが真実でないという事にはならない」であった。(原文しか読んでいないので、この部分がどう訳されているかは分からないが。)だとすると、現実の青豆はきっとまだ首都高の渋滞の中にいる筈だ。

こうしていろいろと想像を巡らすにつれてますます後編が読みたくなる。だが、村上春樹は常に物語の結末を読者の想像力に任せるから、1Q84の続編を書いてくれることはないだろう。続編を読みたい読者は、村上が残してくれたヒントを手がかりとして自分のバージョンの続編を書かなければならないのである。

(追記:その後2009年9月、村上春樹はBook3を執筆中であることを明らかにした。)

(前ログ「私の1Q84:村上春樹とシェーンベルク」もご参照ください。)

http://professor-snape.txt-nifty.com/investors_eye/2009/06/post-5c2f.html

|

« 私の1Q84:村上春樹とシェーンベルク | トップページ | 日蓮とムハンマド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/45306657

この記事へのトラックバック一覧です: 1Q84の続編はどんな展開になるのだろう:

« 私の1Q84:村上春樹とシェーンベルク | トップページ | 日蓮とムハンマド »