« 経済危機はもう終わったのか | トップページ | GM: Chapter 11が象徴するパラダイムの転換 »

2009年5月30日 (土)

篠原尚之の本音

 「世界経済危機と東アジアの経済・金融協力」と題する国際シンポジウムが今日ホテルニューオータニで開催された。東アジア共通通貨創設へのロードマップ作りを模索せんとする、又これか、というマンネリ化した論題であったが、篠原尚之財務官の特別講演で、別の意味で極めて興味深いシンポジウムとなった。

研究者たちの発表に先立ってゲスト・スピーカーとして登壇した篠原尚之は、東アジアにおいて共通通貨をジャスティファイする条件が整っているとは誰も考えていない、ユーロでさえ本当に最適通貨圏なのか疑問が出ている、モノの話が先でカネはその後の話だ、と言い放ったのだ。これから発表する錚々たる研究者たちにいきなり冷水を浴びせたのである。ACUの母体であるADBの経験者とは思えない意外な発言であった。政治家も実務家もプレスもいない学者ばかりのシンポなので、リラックスして本音が出たのだろう。実際その後行なわれた研究発表は、モノ(実体経済)でなはなくカネ(金融)の議論ばかりで、ACUを持ち上げたりACUにリンクした管理フロートを提唱したりと、所詮協調介入の変形の話に終始したから、篠原の先制パンチの鮮やかさが一層際立った。 それにしても、この手の東アジア共通通貨構想は財務官僚が主導して学識者にジャスティフィケーションを作らせているのだとばかり思っていたので、いつからこんなに変わったのか、少なからず驚いた。又同時に、官僚には本質が見えているのだな、と安心させてくれたシンポジウムでもあった。

ホテルニューオータニには久しぶりに行ったが、相変わらず動線がめちゃくちゃで、会議場の使い勝手の悪さがちっとも変わっていないな、と思った。

|

« 経済危機はもう終わったのか | トップページ | GM: Chapter 11が象徴するパラダイムの転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/45178412

この記事へのトラックバック一覧です: 篠原尚之の本音:

« 経済危機はもう終わったのか | トップページ | GM: Chapter 11が象徴するパラダイムの転換 »