« 環境ビジネスのキーワード:LOHAS | トップページ | デマレッジとレジ袋、そしてインフレ・ターゲティング論 »

2007年6月24日 (日)

世界同時長期金利上昇は悪夢の前兆なのか

JGBのイールドが急上昇し、2年が1%、5年が1.5%、10年が1.9%と、覚えやすいイールド・カーブになった。長期金利は日本だけでなく世界中で上昇しており、10年国債のイールドはTNが5.2%と久方ぶりの5%超え。ブンズも4.6%を超えている。こうした世界同時長期金利高は、もしも一部のアナリストが指摘するように予想コアインフレ率の世界的な上昇から来ているとするなら、悪夢が示現する前にポートを全面的に組替えなければならない。予想コアインフレ率が上昇しているのであれば、Fixed IncomeとEquityとのコンベンショナルなトレード・オフの関係に変化が生じ、また長期債ほど売られるからイールド・カーブがスティープ化する筈である。実際はどうだろう。

TN(10)はイールドが上がったとはいえ、5%台は昨年5-6月と同じ水準。この時期以降、1999年初以来維持していたNYダウとのトレード・オフが消失し、EquityFixed Incomeも買われてきた。特にEquityは絶好調で、NYダウは4月以来史上最高値を更新し続けている。NYダウの大台替りの経緯を振り返ってみると

9000ドル台:98年4月6日 (大台乗せまでにかかった期間:9ヶ月)

10000ドル台:99年3月29日(11ヶ月)

11000ドル台:99年5月3日(1ヶ月)

12000ドル台:061019日(7年5ヶ月)

13000ドル台:07年4月25日(6ヶ月)

と、11000ドル台から12000ドル台乗せまで約7年半を要したのに対し、13000台乗せはわずか半年で達成したのだ。この間Fixed Incomeも買われていたので、予想コアインフレ率が低位に留まっていたことがわかる。今回のTNイールド上昇は、快走するEquityとのトレード・オフのギャップを後追いで多少埋めただけに過ぎないのだ。

ブンズの4%台後半のイールドは2003年第4四半期の水準。それ以来2年間にわたってブンズ利回りは下落(価格上昇)し、2005年第4四半期に3%台前半をつけたあと上昇に転じた。現在のイールド・アップもその延長線上にあり、この間絵に描いたようなEquityとのトレード・オフ関係を維持している。ダウ欧州50は今や2000年前半につけた史上高値を更新、4000台目前まで上昇しているのだ。

現在のJGB(10)は昨年4月と同じ水準。一方現在の日経2251年前から約17%高い水準だが、最大の買い手である外人投資家から見ると円が1年前と比べて8%下落しているので、ドルベースでは一桁の上昇にすぎず、米国・欧州と異なりまだ史上高値更新には程遠い水準にある。

こうして見てゆくと、欧米ではEquityの上昇が先行し、Fixed Incomeが後追いで下落(イールドが上昇)するトレンドが継続しているにすぎないことがわかる。一方日本のEquity価格の現水準は、まだかつての過小評価の修正過程にあり、従ってFixed Incomeが大きく売り込まれる局面には入っていないと考えられる。いずれにせよ今回の世界同時長期金利高はFixed IncomeとEquityとのトレード・オフの循環の中で起きているに過ぎず、また日・米・欧ともにイールド・カーブがむしろフラット化しているところから、予想コアインフレ率の上昇を背景とするものではないと考えて差し支えなかろう。また日・米・欧の長期金利差には著変がないため、為替への影響も限定的なものにとどまるから、ポート組み替えは拙速よりも慎重を旨とすべきであろうと考えている。

                                                                                

(追記)2007年7月19日、NYダウが14,000を達成。今回はわずか3ヶ月での大台替わりだ。ダウ欧州50も4,000目前まで上昇していて、日経平均の出遅れが一段とはっきりしてきた。上記のトレンドが継続していることが再確認されたと言える。

|

« 環境ビジネスのキーワード:LOHAS | トップページ | デマレッジとレジ袋、そしてインフレ・ターゲティング論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/15545609

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同時長期金利上昇は悪夢の前兆なのか:

« 環境ビジネスのキーワード:LOHAS | トップページ | デマレッジとレジ袋、そしてインフレ・ターゲティング論 »