« 市場正常化の過程で負け組が退場して行く | トップページ | 中東のSDRペグとこの夏のポート操作 »

2007年2月28日 (水)

上海ショックが地球を一周

 2月28日の東京では、日経平均先物がいきなり前日比-4.1%(750円安)の17,360円で寄付いた。パニックの震源は前日(27日)の上海だ。27日の主要株式市場の動きを時系列の順に追ってみると、

上海総合指数(SSEC):-8.8%(2,771)
ダウ欧州50:-2.6%(3,731)
NYダウ:-3.3%(12,216)

と、上海ショックが津波のように世界を一周して28日朝の東京に到達したのだということがわかる。では上海で何が起ったのか。ほとんどの報道機関は、違法な株取引や投機的に過ぎる株取引に対する、全人代を控えた中国当局の規制強化をクラッシュの原因として挙げているが、2月27日にFTが配信したロイター記事"Chinese stocks post biggest fall in decade"のコメントはちょっと違う。

 現地のディーラーに取材して書かれたこの記事によると、27日の上海クラッシュは特定の要因によるものというよりも、自律的な調整のようだ。同記事によるとSSECは昨年130%、今年に入ってからも既に14%上昇し、前日の26日には史上初めて3,000台に乗せたところから、とりあえずの目標達成感が出たファンドが利益確定及び3月に支払う配当金手当てのために売った、とのこと。そうであれば27日の上海ショックは過大評価修正の正常な一過程にすぎず、同記事も下値のメドは2月の安値である2,541、というコメントまで紹介しているほどだ。

 また、各主要市場で株から債券へのシフトが起きており、27日のベンチマーク(10年物)の利回りはブンズが3.96%(-0.03%)、TNが4.51%(-0.12%)と急低下。28日のJGBのランダウン(前場終値、利回り)を見ると、何と4年で既に1%フラット、10年は1.61%と、ゼロ金利解除(第一次利上げ)直前の水準近くまで買戻されている。オーソドックスなEquityとFixed Incomeとのトレード・オフが世界中で復活しているわけで、この面からも今回の上海ショックが市場正常化の一過程であることが確認できる。ポート操作は、通貨を問わずFixed Incomeを利食ってEquityの買い場をじっくり探すべきだろう。利食った債券の買い直しなら、為替(ユーロ)次第では上述の通り対TNスプレッドが通常時(1%内外)の半分になったブンズを視野に入れたいところだ。

 だが、今回の上海ショックの世界一周は、別の意味で重要だ。上海ショックが発生した27日、同一時間帯にオープンしていた東京市場は何の反応も示さなかったのだ。上海ショックが24時間をかけて欧州、米国と地球を一周し、アジアに戻ってきてはじめて東京がパニックに見舞われ、前場ではこれまで上値を追ってきた不動産株やJ-Reitがクラッシュし、24時間前の上海のコピーをそっくり演じたのである。このことは、アジアにおける資本市場の中心が既に東京から上海へと交代してしまったことを意味している。ACUのようなアジア共通通貨のバスケットは、円ではなく人民元をコアにして設計しなければならない時代が既に到来しているのだ。

|

« 市場正常化の過程で負け組が退場して行く | トップページ | 中東のSDRペグとこの夏のポート操作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/14076813

この記事へのトラックバック一覧です: 上海ショックが地球を一周:

« 市場正常化の過程で負け組が退場して行く | トップページ | 中東のSDRペグとこの夏のポート操作 »