« コーランの経済合理性 | トップページ | もう出尽した利上げ効果 »

2006年10月18日 (水)

拡大EUは「大ローマ」の復興なのか

古代ローマは東西に分裂したあと滅亡した。拡大EUとは、旧東西ローマの再統合を通じたキリスト教圏としての「大ローマ」の復興なのではなかろうか。

 古代ローマ皇帝としてキリスト教を公認したコンスタンティヌス大帝は西暦330年、ローマの首都をビザンティウムに移し、コンスタンティノポリス(現イスタンブール)と名を改めた。391年テオドシウス大帝がキリスト教を国教化するが、395年にローマ帝国は東西に分裂する。476年に西ローマ帝国が滅亡し、東ローマはギリシア正教(東方教会)国家ビザンチン帝国として東に勢力を拡大する。800年にカールがローマ教皇レオ3世から西ローマ皇帝として戴冠し、西ローマ帝国がキリスト教国家として復活したものの、カールの孫の代に三分割されて現在のドイツ、フランス、イタリアの原型が形成される。一方東ローマ帝国(ビザンチン帝国)は1453年に回教徒によって滅ぼされた。

 さて現代。EUは2004年5月に新たな10カ国が加わり、25カ国へと拡大した。2007年1月にはブルガリアとルーマニアが加盟予定で、EUは27カ国体制となる事が決まっている。さらに今後クロアチア、マケドニア旧ユーゴスラヴィア、トルコが加盟交渉に向けて準備を進めている。これら2004年5月以降新規加盟(候補国を含む)の15カ国を宗教・宗派別に分類すると次の通りとなる。

キリスト教・カトリック(9カ国):チェコ、ラトヴィア、リトアニア、ハンガリー、マルタ、ポーランド、スロヴェニア、スロヴァキア、クロアチア
 
キリスト教・東方教会系(4カ国):キプロス、ブルガリア、ルーマニア、マケドニア旧ユーゴスラヴィア

キリスト教・プロテスタント〈1カ国〉:エストニア

イスラム教〈1カ国〉:トルコ

そしてこの事から次の事実が浮かび上がって来る。

・元々のEU15カ国はもちろんのこと、拡大EUの新規メンバーもトルコを除いてすべてキリスト教国である。

・EU15カ国のうち東方教会系の国はギリシアだけであるが、拡大EUにはさらに4カ国が名を連ねる。東方教会圏の諸国は歴史的にも、また現代においてもイスラム教徒グループとの軋轢を国内に抱えているが、EUはこうした東方教会圏に向って拡大している。東ローマ帝国(ビザンツ)の復活なのだ。

 拡大EUはどこに行きつくのだろう。EUの東方への拡大の行く手に見えてくるのは世界最大の東方教会系国家ロシアである。そうなると復活する東ローマ帝国の東端の領海は日本の領海に接することになる。そして西ローマ帝国もローマ・カトリック教会圏として旧ソ連圏に拡大してきたのだ。拡大EUの行きつく先は旧東西ローマの統合、そしてキリスト教圏としての「大ローマ」の、ユーラシア全域にわたる復興ではないだろうか。

 やはりユーロの長期ポジションはロングしかあり得ないだろう

|

« コーランの経済合理性 | トップページ | もう出尽した利上げ効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/12328036

この記事へのトラックバック一覧です: 拡大EUは「大ローマ」の復興なのか:

» EUって何? [Financial Journal]
EU(Europian Union)について、外務省・欧州連合の中の概況>略史を... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 12時47分

« コーランの経済合理性 | トップページ | もう出尽した利上げ効果 »