« リスク・マネーのスクイズ・その2(その1から続く) | トップページ | インサイダー取引とオフサイド・トラップ »

2006年5月31日 (水)

風が吹けば桶屋が…?

 円金利が上がると誰が儲かるのだろう。

 風が吹いてから桶屋が儲かるまでのプロセスは長すぎて思い出せない。完全変動相場制の国際収支自動調節機能も、不均衡が生じてから回復までの長いプロセスを「実際はこんなにうまくは行かないよな」と思いつつ学生に講義しているのだが、円金利の上昇も巡り巡って意外な結末に結びつく、という話を5月29日のブルームバーグが配信していた。W・ペセックの「日本の新たな輸出品、それは金利上昇」と題する署名記事である。

 ペセックはインドのムンバイで今年1月、インド中央銀行のナンバー2であるモハン副総裁に「日本の復活がアジアにとって意味することは?」と質問した。ベセックはインド製品の需要拡大や、日本の回復がアジアの経済環境の安定につながる、といった答えを予期していたのだが、モハン副総裁は、ためらうことなく「円キャリートレード(の解消)によって状況は興味深いものになるだろう」と答えたとの事。これが不幸にして的中してしまったのだ。ベセックは、過去10年間市場の糧だった円キャリートレードの解消がアイスランドからトルコ、そしてインドに至るエマージング市場の株価崩壊を加速させている、とコメントしていて、記事を「世界は日本の景気回復を心待ちにしていた。しかし…日銀の利上げは金利上昇の輸出につながる可能性がある」と結んでいる。

 昨年10月27日付のブログ「エキゾチック債がブーム」で、エキゾチック債はデザートなのだからメイン・ディッシュとして食べると健康を害するぞとコメントし、今年3月16日の「2006年は市場正常化の年」でもハイリスク・プロダクトからの資金逃避を予測しておいたことが現実化しつつある。しかも円の短期金利が今後上昇することに疑問の余地はないから、その市場への本格的な影響はまだこれからなのだ。日本は10年間円の低金利という梯子によって資産インフレを輸出してきたが、今やその梯子を外しにかかっている。円金利上昇という風が吹くと、儲かるのはエクィティのショート・ポジションなのだ。筆者は今年に入ってからエクィティをかなりスクイズしてキャッシュを厚くしつつ、行きすぎたFixed Incomeを拾ってきたが、依然として真中にストライクが来る気配はない。バットを振るのはまだ先でいい、と感じている。

|

« リスク・マネーのスクイズ・その2(その1から続く) | トップページ | インサイダー取引とオフサイド・トラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/10325856

この記事へのトラックバック一覧です: 風が吹けば桶屋が…?:

« リスク・マネーのスクイズ・その2(その1から続く) | トップページ | インサイダー取引とオフサイド・トラップ »