« ACUがピンチ? | トップページ | 金融引締めに転じた中国経済は失速するのか »

2006年4月14日 (金)

金利の期間構造と金融政策

 本日(4月14日)付の日銀レビュー・シリーズに掲載された白塚重典『金利の期間構造と金融政策』の要旨を以下に引用します。デフレの時代からインフレの時代に転換しつつある今、これからの長期金利(債券価格)と株価の動向を考えながら中長期のポートフォリオを思い切って組替えることが急務となりましたが、そのための頭の整理には大変参考になる論文なので、是非全文の一読を勧めます。

【要旨】最近のマクロ経済理論の中では、金融政策とマクロ経済変動の関係について、金融政策の操作目標となる短期金利に注目して解説されることが多い。しかし、実際には、中央銀行の金融政策の運営においては、短期金利と長期金利をつなぐ金利の期間構造が重要な役割を果たしている。まず、金融政策の波及メカニズムの中で、総需要の変動は中長期金利の変動と密接な関係があるため、短期金利の調節は、中長期金利を変化させることを通じて経済全体に影響を及ぼす。また、金利の期間構造は、経済主体が予想する短期金利の将来経路やインフレ予想に関する情報を包含しており、金融政策の運営上の重要な情報変数となっている。本稿では、金利の期間構造を介した金融政策と短期・長期の金利の関係を、期待仮説とフィッシャー方程式という2つの理論的基礎に即して説明し、最近のマクロ経済理論における金融政策とマクロ経済変動の関係について、金利の期間構造を軸に整理する。

|

« ACUがピンチ? | トップページ | 金融引締めに転じた中国経済は失速するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/9589334

この記事へのトラックバック一覧です: 金利の期間構造と金融政策:

« ACUがピンチ? | トップページ | 金融引締めに転じた中国経済は失速するのか »