« ベン・バーナンキの初仕事とポートフォリオ | トップページ | 金利の期間構造と金融政策 »

2006年3月29日 (水)

ACUがピンチ?

 3月27日付のFT(2面)が、かねてADB(アジア開発銀行)が準備を進めているACU(Asian Currency Unit)のローンチが難航中だと報じている。(ACUについては昨年国際金融論で説明済。忘れた人はノートで確認しておいて下さい。)その理由はバスケットのナカミがなかなか決まらない為で、本来の発想は「アセアン+3」の通貨なのだが、人権問題やマネー・ロンダリング疑惑のあるカンボジアやブルネイを入れる事については反対論があり(それにしてはミヤンマーが名指しされていないのはなぜだろう?)、他方パン・パシフィックを視野に入れるなら豪ドルや香港ドル、台湾ドルを入れるべき、いやそれは中国が認めない、等々議論の収拾がつかなくなっている由。このため黒田総裁も若干トーン・ダウンして来ていて、ACUはECUとは異なりアジア通貨の参照値にすぎない、名称もACI(Asian Currency Index)に代えようか、とか、幾通りもの異なるコンポーネンツのACIを作ってもよい、というような話が出ているとの事。

 ファイナンスの現場を離れてもう7年になるのでこのFTの記事の当否を判断できないが、これがある程度正確だとすると、ここまでトーンダウンしたのでは何の為にACUを創設するのか分らなくなる。作る以上は使うことが前提であるべきだ。だがADBの言う通り、ECUはACUのモデルにはなり得ない。ECUはあくまでも欧州の経済統合が進んだ結果として存続可能になった通貨バスケットであり、はじめに共通通貨ありきだった訳ではない。その経済統合も、昨年掲載した「EU統合の行方」(1-10)で論じたように、そもそもEU25自体がすべてキリスト教国であるからこそ可能だったのであり、回教国であるトルコ一国のEU加盟問題が欧州憲法条約の否決にまで広がってしまったほどだ。(これも「憲法」の二字を外し、トーン・ダウンして生き返らせる構想が独仏間で検討されていると先日FTが報じていた。)仏教あり、回教あり、キリスト教あり、儒教ありの「アセアン+3」ではEU型の経済統合やECU型の通貨バスケットは非現実的だ。むしろ「使い方」という点からすれば、ACUがモデルとすべきはSDRではないだろうか。ADB出資国の比率に応じたバスケットにしてADBのすべてのアカウンティングをACU表示とし、さらにADBの与信も起債もすべてACU建てとする。1980年代初頭、ユーロSDRデポを民間として初めてニューヨークに導入した私自身の経験からしても、ここまで御膳立てをすればACUの民間でのUsageは必ずついてくる。為替先物業者ではあるまいし、単なるアジア通貨のindexなどいくら作っても面白くも何ともないではありませんか?

|

« ベン・バーナンキの初仕事とポートフォリオ | トップページ | 金利の期間構造と金融政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/9321321

この記事へのトラックバック一覧です: ACUがピンチ?:

« ベン・バーナンキの初仕事とポートフォリオ | トップページ | 金利の期間構造と金融政策 »