« ハリー・ポッター第6巻の疑問点(番外編です) | トップページ | 銀座シグナスにて »

2005年7月30日 (土)

ハリー・ポッター7の展開予想(番外編です)

【ハリポタ6を未読了の方は読めないようにスペルがかかっています。もし読めてしまったら、あなたはhalf-bloodかも・・・・・・】

ハリー・ポッター第6巻には多くの不可解な謎がある。第7巻ではどんなドンデン返しが用意されているのだろうか・・・・・昨日のブログで指摘した疑問点から第7巻の展開を次のように推測してみた。

ロケットにはやはりダーク・ロードの分魂が仕込まれていたのだ。そしてその分魂は、それを覆っていた液体を飲み干した者に移転し、液体を飲んだ者がダーク・ロードの分身になる仕組みになっていた。ダンブルドアはそれを知っていて、自らがダーク・ロードの分身となって殺されることにより、自分の命と引き換えにダーク・ロードの分魂を消滅させることを計画し、成功したのではないか。スネイプはもちろんこのシナリオを事前にダンブルドアから聞かされていて、ダーク・ロードの分身と化したダンブルドアを殺せる魔力を持つのはスネイプしかいないため、最後はダンブルドアを殺すことを承諾していた。こう考えるとなぜダンブルドアがスネイプを最後まで信頼し、瀕死でホグワーツに戻るやいなや直ちにスネイプを呼びにやらせたのか、説明がつく。ダンブルドアの最後の言葉は

"Severus...please"

であった。これは命乞いではなく「さあ、頼んだ通り私を殺してくれ」という意味ではないか。そうすればスネイプがハリーの命を二回も救った上に、ハリーから臆病者呼ばわりされて烈火のごとく怒ったのも辻褄が合う(昨日のブログ参照)。一方ダーク・ロードはスネイプを忠実なスパイと思いこんで指示を出しているから、スネイプはドラコがダンブルドア殺害の密命を帯びていることを当然知っており、またダーク・ロードの分身となるダンブルドアを自分が殺さなければならないことも既に分かっていたからこそ、ドラコをサポートするという不破の誓いを立てたのだ。ロケットの中に残されていたメモがまだうまく説明できないが、内容から見ておそらくダンブルドア自身が書いて入れたのではないか。

ここまで書いてきて気がついたが、いま目の前にある材料をもとに第7巻の展開を予想するのは、このブログの本来の趣旨である中長期的ポートフォリオ・マネジメントとそっくりだ。仕込んだポートがどんなパフォーマンスを見せるか、ますます第7巻が楽しみになってきた。

|

« ハリー・ポッター第6巻の疑問点(番外編です) | トップページ | 銀座シグナスにて »

コメント

スネイプ教授、はじめまして。
6巻を読み終わって、この内容を誰かと分かち合いたい!と思っていたところ、こちらのブログに辿り着きました。

"Severus...please"

の意味については、私も同じことを思っていました。ただ、その理由については、目から鱗が落ちる思いです!ダンブルドア自身が分魂になった・・・それならダンブルドアは無駄死にではなかったわけで、納得です。

スネイプが最後の最後にはハリーの側についてくれるのなら、ハリーの勝ち目も少しは上がろうというものです。希望の光が見えてきました。

投稿: ぽーれい | 2005年7月31日 (日) 14時10分

初めまして、なべりんと言います。
6巻は結構買ってすぐに読んでしまったつもりなんですが、こんなに読了している人が居てびっくりです。

結末はともかく、この巻でスネイプ教授が能力の点で大きく株を上げたのは間違いないですね。
私は途中まで、half-blood princeはてっきりヴォルデモートだと思っていました。
学生時代にこれだけの能力を見せ、オリジナルの魔法を研究していたのがスネイプ教授だったとは、正直驚きました。
学生時代にジェームズ・ポッターがスネイプを空中吊りにした魔術は、スネイプが創作して流行らせたものだったんですね。

私が推測したのは、スネイプ教授は「破れない誓い」を破る方法を既に編み出しているのでは、ということです。
それと、おそらく冒頭でナルシッサと「破れない誓い」をあっさり結んだように(あの時点では任務に成功してドラコ・マルフォイを救える見込みは少なかった)、ダンブルドア校長がスネイプ教授を信頼していた理由は、ダンブルドア校長とも「破れない誓い」を結んでいたのではないでしょうか?
それが、ダンブルドア校長がスネイプ教授を信頼していた根拠では、と思ったわけです。

とは言え、スネイプ教授の最後の行動は単純すぎて謎が多いです。
何か裏が有りそうですね。

投稿: なべりん | 2005年7月31日 (日) 23時26分

こちらにも失礼します。
おおーー、DumbledoreはDark Lordの分身となってSnapeに殺されることになっていてあの液体を飲んだんですね!!!
そう考えるといろんな事に納得がいきます。
この説はとても当たっているような気がします。今から第7巻が楽しみになってきました。興味深いお話、ありがとうございました。

投稿: 雪菜 | 2005年7月31日 (日) 23時51分

はじめまして。
わたしも先日6巻を読み終えました。
ダンブルドアの"Severus...please"は、ご指摘のとおりでしょうね。
このふたりの間にはなんらかの黙契があり、あの場面はハリーが考えているのとは正反対の意味をもっていたことにハリーは次作で気づくのだと思います。
ただ、わたしの読みは、ダンブルドアはもう生命の終わりを悟っていて、むしろドラコを救おうと(殺人者となることから)したのだという単純なものでした。また、ダーク・ロードを倒すためにはスネイプのカバーを守り切ることが最重要で、スネイプにとってもこれこそが真の勇気を示すことであった、という風に読みました。
ダンブルドアがヴォルデモートの分魂を宿してそれを殺すのが最初からの狙いだった、というのはなかなか刺激的な予想ですが、ただ、そうすると、ダンブルドアはまだ破壊できないhoracruxesをまだ3つ(でしたよね)残したままにすることになりますよね。ダンブルドアの生命とヴォルデモートのたった四分の一を交換にするというのは、ちょっともったいような気がするんですが。
ロケットの中に在った書き置きが、ハリーの考えているように、先にだれかが同じやり方で(液体を飲み干す)ホンモノを取っていったのだとすると、それは一体誰なんだというのが、やはり謎ですね。ダンブルドアほどの傑出した魔法使いでさえ一人では持ち帰ることのできなかったhoracruxですから、イニシャルは3人組であるを示しているのかなあ。そうするとその一人はやはりダンブルドアその人か?う~ん。よくわからない。
じつはハリー自身がhoracruxじゃないかという説もあるようです。この場合、ハリーはダーク・ロードの復活を阻むためには、最後には自分の生命を絶つ決断をすることになりそうです。自己犠牲と救済というのがテーマになるのでしょうか。う~ん・・・・
どっちにしても、はやく7巻が読みたいものですね。

投稿: かわうそ亭 | 2005年8月20日 (土) 16時41分

私はR.A.Bがスネイプではないかと思います。
きっと、なんとかの石で毒を弱く出来たのでロケットにメッセージを残す余裕があったのではないでしょうか?
RABがスネイプなら、ダンブルドアがスネイプを信じた理由も説明が付くと思います。また、2重スパイという危険な仕事を引き受けた理由もなんとなく説明が付きます。
しかし、なぜダンブルドアが空であることを知っているのに命を懸けて取りに行く必要があるのかが説明付きません。
う~ん・・・

次回はロンがもう少しカッコいいところを見せてくれるとうれしいなぁ・・・

投稿: なか | 2006年5月20日 (土) 09時55分

なか様
コメントどうもありがとうございました。なるほど!辻褄が合ってきますね。また、実はダンブルドア自身も魂を分割してあるのだ、という説があるみたいです。となると、分魂一組を相討ちにしてダークロードを追い込もうとした?7巻がますます楽しみです!

投稿: Snape | 2006年5月20日 (土) 13時33分

みなさん、なかなかの推理ですね☆
僕は、ダンブルドアがあの液体を飲んだときの「やりたくない・・・殺してくれ!」と言っていたのが気になります。
ただ毒薬で幻覚を見ただけなのでしょうか?
もし、あの液体を飲み干すことによりダンブルドアがヴォルデモートの霊魂を取り込むことになるのなら、あの反応と辻褄が合わないような気がします。どうなんでしょうか?

投稿: トッピー | 2006年5月31日 (水) 01時58分

トッピー様

コメント有難うございます!あぁ、たしかにそうでしたよね。それと、あの場面の展開をすっかり忘れてしまいましたが、ダンブルドアはあらかじめハリーに「私がどんなに飲むのを嫌がっても無理やり飲ませてくれ」と言っていたような気がします。

また、ダンブルドアの最後の言葉 "Severus...please" は、日本語版ではどう訳されたのでしょうか、第7巻の展開が分らない段階でとても訳しにくいのでは?と思いました。

いすれにしてもダンブルドアの復活、スネイプの名誉回復、そしてハリーが最後の戦いに勝利・・・というハッピー・エンドにならないものですかね!

投稿: Snape | 2006年5月31日 (水) 08時49分

R.A.Bのことなんですが、どうもレギュラス・ブラックじゃないかって噂があるみたいです。それと、7巻では主要人物が2人も死んじゃうんですって。悲しいですよぅ~。私の予想ではハリーとハーマイオニーが死んじゃってロンとジニーが生き残るんではないでしょうか。3人で旅に出るはずがジニーが勝手にくっついてきて4人になって。
それにしても早く7巻よみたいですよぅ。

投稿: a-1011-i | 2006年11月24日 (金) 21時08分

a-1011-i様
コメント有難うございました。そうなんですか。もう7巻は書き上がっているのでしょうかね。楽しみです!

投稿: snape | 2006年11月25日 (土) 10時06分

たのしみですねー。7巻!!私の予想も聞いてください!私はハリーがボルドモーの魂の器になってるんだと思うんです。だって、そうすれば、予言どうりに、ハリーにもしも殺されても自分の魂は残せるでしょ?(頭いい!ボルドモー)で、ハリーはそのことに気づいて、結局やつを、倒した後に自分も死ななきゃいけないんじゃないかなー?と思うわけですなー。悲しいけど。そして、ハリーのお父さんなんだけど、なんで、はっきり殺されたシーンとかが話に出てきてないの?そして、ダンブルドーはどうしてスネイプを、あんなに信頼してるんだろうか?私、実は生き残っていたハリーのお父さんが、今まで、ずーっとスネイプの振りをして今に至ってるんじゃないかなーって、思うんです。大胆な予想でしょ?

投稿: sw | 2007年2月26日 (月) 19時03分

sw様
コメントありがとうござうます。なるぼど、大胆!でもswさんのシナリオにはドラマ性があって、納得できる結末ですね。さてどうなるのか、7月が待ち遠しいです!

投稿: Snape | 2007年2月26日 (月) 20時01分

 はじめまして。
 7巻を読み終えました。楽しかった!そしてハリーポッターの新刊を待たり、謎解きをする楽しみが無くなって悲しかった・・・周囲には7巻を読了したのは子供しかいなくて話し相手がいません。

【以下、若干ネタばれ】
 今にして見てみると、ここで予測をしている皆さんは、かなり鋭い目をしていますね!私もスネイプはダンブルドールの命令で彼を殺したのだと思っていましたが、7巻の最初からとてもハリーの味方とは思えないような行動が・・・また、ダンブルドールがあんなに信頼していた理由も明らかにされ、納得のいく結末だったと思います。
 いろいろなところに散りばめられたエピソードに、ジ~ンと来る場面が沢山ありました。

・・・もっと語りたいですが、どこまでネタばれが許されるのかが分からないので、この辺で止めておきます!

投稿: はなハム | 2007年8月 1日 (水) 05時09分

はなハム様

コメントありがとうございます。私も7巻をちょうど読み終わったところでした。はなハムさんの感想、全く同感です。

ところで過去にKappa(河童)が登場したことがありましたが、7巻を読んでみて、南総里見八犬伝も土台に使われているのかな、という気がしました。西欧文化と「7」、東洋文化と「8」という文化と数字の対応が面白そうなので、少し調べて見ようかと思っています。

投稿: Snape | 2007年8月 1日 (水) 08時11分

Snape教授

数字の持つ意味、面白そうですね。何か分かったら是非教えてください。

【以下若干ネタばれ】
あの・・・クライマックス近くでのおふくろさんの「メス犬!」という暴言、どう思いましたか?7巻まででワルイ言葉は使ったことの無い作者が一箇所だけ使った四文字単語だったのでちょっと驚きましたが、思わず笑ってしまいました。9歳の息子に読ませるのはちょっと・・・と思いましたが、読者・キャラクター全員の思いを代弁しているようで。
でも子供向きの本であの言葉は、米国では問題になるかもしれませんね。作者の茶目っ気が伺えます。

投稿: はなハム | 2007年8月 1日 (水) 12時31分

はなハム様

読者・キャラクター全員の思いを代弁・・・なるほど、よくわかります。日本語版で訳者はどうするのだろうか、映画では・・・?と考えると、まだまだ楽しめそうですね!

投稿: Snape | 2007年8月 1日 (水) 14時26分

なべりん様

お久しぶりです!なべりんさんも読了されたのですね。

実は7巻を読み始めてすぐ、こりゃやっぱり間違えたか、と思って一たんブログネームを変え、画像も差替えたのですが、また元に戻すことができてよかったです。ある意味ではメイン・チャラクターですよね。7巻、ホントに楽しめました。

投稿: Snape | 2007年8月 5日 (日) 09時43分

第7巻をやっと読み終えたところです。終盤まではハラハラさせられどうしで、息をするのも大変という感じでしたが、終末がスッキリしなかったです。特に、ハリーについて、スネイプの記憶の中に描かれていた結末どおりにならなかったのは、なぜなんでしょう?良く分からなかったです。

投稿: M | 2007年8月13日 (月) 14時42分

M様

コメントありがとうございます。

私もいまひとつスッキリしませんでした。ひとつはエルダー・ワンドの真の所有権についての実際の結末がダンブルドアの想定と違ってしまった事の説明がやや強引かな。またハリーの運命についてダンブルドアに語らせる部分が、たしかにちょっと無理やりかな、と思いました。あまり具体的には書けないですけどね。。。

投稿: Snape | 2007年8月13日 (月) 18時26分

こちらにも投稿させていただきます。
7巻で疑問点があります。
グリフィンドールの剣が何故どのようにネビルの手に渡ったかの記述が見つからなかったのですが、分かる方がいらっしゃったら教えてください。

投稿: はなハム | 2007年8月17日 (金) 11時59分

剣は組み分け帽から得たのですね。すみません、本文にありました。

投稿: はなハム | 2007年8月20日 (月) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/5227542

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッター7の展開予想(番外編です):

« ハリー・ポッター第6巻の疑問点(番外編です) | トップページ | 銀座シグナスにて »