« ドル金利の下落 | トップページ | 「人民元危機」は来るのか »

2005年5月15日 (日)

ウズベクとユーロ

地政学的に見て米国以上にEUが重い荷物を背負うことになりそうだ。世界中で積み上がり切った膨大なユーロ・ロングが取り崩されると「震度」が大きくなる。政治テーマだけに読みにくい面が気ががりなので、円投のユーロ・ロングは一部現135円台でいったん利喰い、キャッシュを厚くして様子を見たい。人気の毎月配分タイプの高格付ソブリン債投信も、ユーロの比率が高い銘柄は要注意。一旦売って下値で買い場をさがしてもよいかもしれない。(Snape自身はユーロの利喰い売りがちょっと早すぎたようです・・・・・・。)

|

« ドル金利の下落 | トップページ | 「人民元危機」は来るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/4133439

この記事へのトラックバック一覧です: ウズベクとユーロ:

« ドル金利の下落 | トップページ | 「人民元危機」は来るのか »