« 人民元の実験が始まる(その1) | トップページ | 米ドルとユーロの金利が急落 »

2005年5月27日 (金)

人民元の実験が始まる(その2)

(「その1」から続く)

 中国が目指す「1国2通貨」制度は「経常取引は人民元、資本取引は香港ドル」というイイトコ取りの二重為替相場システムであり、既に機能しはじめている。具体的に見てみよう。

 主要なアジア通貨の外国為替市場における取引高(BIS統計、2004年4月基準、年間換算)がそれぞれの年間貿易額(輸出入合計、IMF統計)の何倍あるのかを見ると、第1位は円の116倍。この倍率が高いほど通貨の実需からの解放度が高いと見られるため、アジア通貨の中で円がトップであることは当然であるが、2位は何とカレンシー・ボードを採用して米ドルにペグしている香港ドル(19倍)である。次いでシンガポール・ドルと韓国ウォンが15倍前後で続くが、二桁はここまで。これに主要アセアン通貨が一桁台で続き、人民元は9通貨中最下位の0.6倍である。(三井住友銀行「マンスリー・レビュー」2005年5月号、13ページ)人民元が経常取引通貨として見事に資本取引から遮断されていることがわかる。さらに中国が香港ドルを資本取引専用通貨として積極的に位置付けようとしていることは、神華集団・中国交通銀行・中国建設銀行などの大物が次々と香港証券取引所に上場されるスケジュールであることからも裏付けられる。そしてここから「来るべき人民元の変動幅の拡大は人民元の交換性の大幅な拡大を伴わないが、香港ドルの性格が一変する可能性がある」というメッセージが見えてくる。そうなれば人民元の変動幅拡大の影響は極めて限定的な範囲にとどまることになり、我々海外投資家にとっては「中国は香港ドルをどうするつもりなのか」の見極めがより重要な問題ということになる。

 香港ドルはカレンシー・ボード制の通貨である。簡単に言うと金本位制における金準備をドルに置き換えた制度だ。中国がいずれ香港ドルをカレンシー・ボード制から解き放つつもりだとすると、我々はどんなチャイナ・ポートフォリオを作るのがよいのだろうか。「その3」ではこの点をじっくり考えてみたい。(「人民元の実験が始まる・その3」へ続く)

|

« 人民元の実験が始まる(その1) | トップページ | 米ドルとユーロの金利が急落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/4303803

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元の実験が始まる(その2):

« 人民元の実験が始まる(その1) | トップページ | 米ドルとユーロの金利が急落 »