« ウズベクとユーロ | トップページ | ちょっと、どこ見てんのよ! »

2005年5月17日 (火)

「人民元危機」は来るのか

中国が資本流入規制(為銀のオフショア借入上限規制)を導入した。想起されるのは1994年初にタイが実施した短期資本流入規制だ。タイに大量の短資が流入し、バーツ買いが止まるところを知らず、反動を警戒したタイ政府が実施した混乱予防策であったが、結果は周知の通り1997年央、激しいバーツの反動売りが発生し、アジア通貨危機の引き金となった。今回中国は通貨危機を経ずに人民元の変動幅拡大を実現できるのだろうか。

個人的な結論は「人民元危機は来ない」。アジア通貨危機の影響が軽微であった中国だが、その後経済のマクロコントロールが格段に強化されたところを見ると危機に見舞われた国々の教訓をしっかり身につけたようだ。加えて人民元に対する投機の手段が限られており、中国株は底値圏に沈んだままだ。アジア通貨危機の一要因であった資産バブルが今の中国には見られない。実需原則にこだわり、頑なに資本取引を遮断して来た成果ではないだろうか。その意味で、円滑な人民元の変動幅拡大が実現すればアジアにおける通貨制度の重要なモデルとなる。アジア通貨の対円ペグなどという日本の身勝手な期待も自然消滅しよう。それどころか、既に円は人民元の変動幅拡大期待で買われており、円の対人民元ペグという新しい時代の幕が開いたのかも知れないのだ。長期保有前提で中国株投信を仕込むタイミングが近づいているように思われる。

|

« ウズベクとユーロ | トップページ | ちょっと、どこ見てんのよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107417/4165375

この記事へのトラックバック一覧です: 「人民元危機」は来るのか:

» 人民元切り上げ最後通告 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「人民元切り上げ最後通告」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。... [続きを読む]

受信: 2005年5月19日 (木) 08時13分

» バーツ [アジア・亜細亜・Asia]
... [続きを読む]

受信: 2005年6月 9日 (木) 21時03分

« ウズベクとユーロ | トップページ | ちょっと、どこ見てんのよ! »